古民家sudtsu 巣作り日記③

青森県弘前市の古民家sudatsu(すだつ)です。

せっせせっせと、自分たちで巣作りをしている訳ですが、

なかなか思うようには進まないおのです。

改めて、家作りに携わる職人さんの技量はすごいな!

と肌で感じている今日この頃です。

私が今やっている作業は畳から板張り床への変更です。

とりあえずやってみよう、からスタートしましたが

なんとかカタチになってきました。

最初は、こんな感じでした。(2015年12月位)

畳にゴザ。

📷

畳を剥がすとこんな感じ。荒板が出てきます。

この荒板、厚さ20mmのおそらく松。

磨くと良い感じになるので、畳の代わりに荒板を

仕上げに使う事で決定しました。

📷

荒板を外すと床下が露わに。

当然、断熱はしていません。でも、換気が良くされていて

湿気は感じません。

📷

でも一応。「床下からっと」 という商品を購入。

なんとなーく、湿気とカビ臭さが消えたように思います。

📷

床下環境整備後、荒板を張っていきました。

その後、100均でも売っている断熱シートを張りました。

📷

断熱シートの上に構造用合板を敷き詰めていきます。

📷

合板の上に、発泡スチロール板を敷き詰めて断熱層を作ってみました。

📷

なんとなく、冷えを感じない?かな???

発泡スチロールの上に構造用合板を敷き終わったら

ようやく仕上げの板を張っていきます。

また来週、頑張りまーす。